FC2ブログ

エビ蔵の日記

このblogは、ある司法修習生の日常を淡々と描くものです。過度な期待はしないでください。あと、部屋は明るくして、画面から3メートルは離れて見やがって下さい。

leaf このページ内の記事タイトルリスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

posted at --:-- | スポンサー広告

兄貴が東京勤務の可能性が高まってきたらしい。
しかも、私の最寄り駅から2駅しか離れていないところに来るかも・・・。

先日うちに来たときも、「お客様第一」と叩き込まれていましたが、野村證券であんなことがあったから今はさらに厳しく教育されているのかなぁ。

スポンサーサイト
posted at 20:31 | 日常 | TB(0) | CM(0)

うちの大学院ではwebシステムを使って講義の資料を配布しています。
大学側が配布してくれるのがベストですが、自宅のPCからでも自由にプリントできるのは一応便利ではあります。
講義の資料だけではなく、判例検索とかもできますしね。

ところが、本日は我が家のPCがご機嫌斜めだったようでどうもよくわからない事態に。
一度はPDFファイルを読み込んだものの、そこでフリーズ。
印刷などのジョブがまったく使用できなくなる。
とりあえず再度読み込みを試してみると、なぜか最後の0.03MBだけ読み込みができない。
それにAdobeが起動しない。
ためしに自分のフォルダに入っているPDFファイルを開こうとしてもやっぱりダメ。
そういえばAdobeの更新情報ずっと無視してたな、と思って更新しようとしたら「システムに深刻なエラーがあります」とか本当にわけの分からない表示が出る。
そのあとなぜか再起動を要求されたので、PCを再起動しようとしてみると終了してくれない。
再起動をクリックしたのにいつまでたっても画面に変化なし。
こうなったら最後の手段ということで、電源ボタン長押しの強制終了。
できればやりたくないのですけどねぇ。

でもまぁ、その甲斐あって(?)再起動後にはAdobeも復活、必要な資料のDLとプリントが可能になりました。
しかし、ほんとにうちのPCに何があったんだろう・・。
posted at 19:39 | 日常 | TB(0) | CM(0)

私の地元ならで色々と物議をかましている、平城遷都1300年のマスコットキャラの名前が決まったようですね。
その名は「せんとくん」
遷都1300年の記念だからなんでしょうが、名前に奈良という要素がまったくないのはどうなんだろうという気がしないわけではありません。
デザインは奈良というのを強調しているというのにね。
ちなみに、デザインについては「とりあえずくっつけりゃいいってもんじゃないぞ」とだけ言っておきましょう。
ほんとにねぇ。




公募で別のマスコットをつくろうという運動もあるみたいですけど、こんな感じですっかり有名になっちゃった以上はインパクトでもう勝つことはできないでしょう。
残念だけど仕方がない。

でも、太秦のこれよりはまだ救いがあるかのかな・・・。

>太秦戦国祭り公式キャラクター 「うじゅ」
5be13aac-s.jpg
posted at 21:02 | 日常 | TB(0) | CM(0)

昨晩、いきなり兄貴が来襲しました。
12時にいきなりメールが来て、泊めてくれと。
研修所に隔離されてる新社会人のはずなのに、週末になると必ず出所してきます。
こいつは本当に社会人としての自覚があるのだろうか。
まぁ、来週は給料で飯をおごってもらう予定なので出てくるのは大歓迎なんですがね。

ちなみに私のほうもロースクール生の自覚があるかといわれれば、はっきりYesと答えることができない。
兄貴のことはあまり強く言える立場にありません。
基本的に勉強効率の悪い人間なので、講義一コマにつき5時間くらい予習に時間がかかってしまうのですが、今日大学にいって勉強を始めたのが15時。
それからわずか六時間ほどしか図書館と自習室にこもらず帰宅。
そして、家でこうして更新作業。
ついでに、先日家で飲み会をした時の残りのビールを一缶空けてます。
いけませんねぇ。
月曜日の講義では真っ先に当てられるのが分かっているというのに・・・。
100枚の資料はまだ手付かずだというのに・・・。

posted at 22:05 | 日常 | TB(0) | CM(0)

学部の頃は一度もお目にかかれなかったI教授に今日の講義で初めてお会いできました。

何、このワイルドなおじ様!!

なんかパワフルです、かっこいいです。
とりあえず「信長の野望」でいうなら柴田勝家です。

ちきしょう、こんな教授の講義なら資料が多くても読むしかないじゃないか。
たかがA4で100枚だ、とある実務系の科目の500枚(くらいあるらしい)の資料に比べれば軽いもの。 


今日も我が家のプリンタが悲鳴を上げ続ける・・・。
posted at 17:46 | 日常 | TB(0) | CM(2)

明日の一限の講義、講義で使う判例をネットで指定するとシラバスには書いてあるのにまだアップされない。
それどころか先生のページすらない。
いったいどうしろと。


posted at 22:02 | 日常 | TB(0) | CM(0)

今期の必修であるI上先生の講義資料をネットで確認したところ、A4で約70枚。
これは初回分だから色々と多くなってるんだろうと思った。
第2回の分を確認した。
さらに多くなっていた。

ごめん、正直ロースクールをちょっと甘く見てた。

posted at 00:50 | 法学 | TB(0) | CM(0)

まずは状況説明から。
私はレジ待ちの列に並んでいる。
ちなみに時間は17時半くらいで、夕食のための買い物客で店はにぎわっており、私の後ろにも5人くらい並んでいる。
レジ打ちをしているのは若い男性で、胸のプレートには「実習生」と書いてある。
精算中の妙齢の女性は買い物籠一杯に商品を入れている。
とりあえずこんな状態。

そこで、レジ打ちの男性がキャベツをレタスと間違って入力してしまったのですよ。
まぁ、この時期に出るキャベツは春キャベツで、葉が柔らかくて丸い形をしているから間違えるのも分からなくはない。
ただ、その店ではちょうどキャベツとレタスが同じ値段で売られていたわけですよ。
そのことに気付いている私は、わざわざ指摘することもせずに放置していたんです。
どうせおばさんが払う金額は同じだから。
おばさんも気付いてないのか間違いを指摘しない。
ところが、商品を全部入力して確定させ、いざ会計という時になるとおばさんがいいやがるんですよ。

「キャベツをレタスって入れてたわよね」

何でこのタイミングでいうのかと。
気付いてたのならさっさといえよ。
それに店の売り上げデータに狂いが出るだけで、お前の払う金額は変わらないんだよ。
確定させる前なら簡単に訂正できたであろうに、哀れな実習生は確定情報を全部キャンセルして一から全部商品入力をし直すことに・・・。
もちろん私を始め後ろに並んでいる方々もずっと待たされることになる。
間違いを指摘してあげるのはもちろんいいことなのですが、避けれたはずの余計な迷惑をセットにしてあげるのはいかがなものなんでしょうかねぇ。

今日の学部長の話で、「恥をかいてもいい最後の場所」というのがありましたが、かかなくて済む恥はできるだけかきたくないし人にもかかせたくないな、と思い至った出来事でした。

posted at 18:32 | 日常 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。