FC2ブログ

エビ蔵の日記

このblogは、ある司法修習生の日常を淡々と描くものです。過度な期待はしないでください。あと、部屋は明るくして、画面から3メートルは離れて見やがって下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

posted at --:-- | スポンサー広告

ワインに興味のない人をワイン好きにし、ワイン好きをさらにワイン好きにする漫画、「神の雫」のドラマが始まりました。
原作の1ファンとして、期待せずに視聴させてもらいましたよ。

主人公の神咲雫を演じる亀梨和也について、うちの兄貴が「バカっぽいところが似てる」といってましたが、ドラマの第一話を見る限りバカっぽい役は紫野原みやび(仲里依紗)が担当みたいですね。
あとはワイン事業部にはじめから木戸がいたりします。
細部ですが、原作とはちょっと違います。

それと一番大きな違いは使徒が6本しかないということ。
これは原作がまだだから仕方ないのでしょうね。
でも、頂点に君臨する「神の雫」はどうするんだろう?
原作の「神の雫」は一つの意図のもとに選ばれた12使徒をふまえたものだろうから、それを無視した形でドラマで「神の雫」を出して欲しくない、というのが私の意見。
できれば秘密のままで終わって欲しいです。

で、本編の話に戻って、第一話のキーワードは「マリアージュ」。
レストランを救う話を、牡蠣とシャブリのマリアージュに絞って構成してました。
ロベール先生との出会いも白ワインでマリアージュについての勉強からでした。
しかし、一般的に白ワインは冷やしてといわれますが、地中に埋めた白ワインが飲むのに適した温度なんだろうか・・・。
まぁ、冬だったからよしとしておきましょう。

「マリアージュ」といえば昨年末にグリーンカレーと白のスパークリングワインでかなりのマリアージュを楽しむことができました。
グリーンカレーの後に飲むと、スパークリングの泡と刺激がカレーの刺激と辛味をさっと包み込んでくれるんです。
そして口の中にはワインとカレーの刺激が溶け合ってわずかに残るので、これだけの刺激では物足りないと、さらなる刺激を求めてカレーへとスプーンがつい伸びてしまう。
残念ながらお店で食べたカレーとグラスワインですので銘柄とか覚えてないんですけどね。
スポンサーサイト

posted at 00:25 | 日常 | TB(0) | CM(0)

leaf この記事に対するコメント


leaf この記事に対するコメントの投稿
















leaf この記事に対するトラックバック

crown プロフィール

エビ蔵

Author:エビ蔵
FC2ブログへようこそ!

crown カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

crown 最近の記事
crown 最近のコメント
crown 最近のトラックバック

crown カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。